大規模修繕工事

避けては通れない大規模修繕

マンションは、年月の経過と共に劣化していきます。マンションの機能劣化、外壁の劣化は材料の善し悪しでの前後はありますが、避けては通れない事実です。
「大規模修繕」は、建物の劣化のスピードを緩め、より良い状態の期間を長く保つために、しいては資産価値の維持のため必要不可欠な工事です。
通常の大規模修繕工事では、業者と管理側との契約でどこでどのくらいの利益が発生しているのか、不明瞭な点が多く、不振に思われる事が多々あります。
当社では、業者選定の際も、住民のみなさんの意見をもとに選定し、金銭面でも透明性を確保するため、すべてを公開の上で進めていきます。

**

1 大規模修繕工事とは

建物の手入れの仕方には、「清掃」「点検」「修繕」「改良」があります。
この内、計画的に行う「修繕」(計画修繕)と「改良」をまとめて、
一時的に行う工事を大規模修繕工事といいます。

*

劣化の少ない状態で、手遅れにならない適当な時期に実地する必要があります。

2 大規模修繕工事の進め方

  1. 理事会の諮問機関として修繕委員会を発足させます。
    理事会が兼任する事も可能です。
    ※ 以下の業務については一般的に設計事務所に有料で依頼します。
  2. 意識調査、劣化診断、バリアフリー及び機能アップについてあらゆる角度から調査を実施し、工事内容の検討のベースとします。
  3. 劣化診断及びアンケート調査結果に基づく「修繕工事計画書」を作成いたします。
    各区分所有者に充分な説明と意見調整を行い、概算の工事費を算出いたします。
  4. 決定した「修繕工事計画書」に基づき見積書を取り、施工業者選定を行います。
  5. 施工業者、工事金額が決定すれば、総会に諮る資金計画を確定させます。

*

3 サポート契約(管理組合代行業務)とは

* 居住者(区分所有者)の皆様が納得できる大規模修繕工事を実現するためのパートナーとして管理組合側に立ち、設計事務所・施工会社に対し契約から納品。竣工までの調整をいたします。

通常の管理委託業務には含まれていませんので、有償でお願いいたします。